thumbnail

東京ヴェルディ株式会社と『インクルーシブスポーツ推進パートナー』協定を締結

  • ニュース

この度、一般社団法人Challenge Active Foundationは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟クラブ、東京ヴェルディ1969を運営する東京ヴェルディ株式会社(東京都稲城市 代表取締役社長:中村考昭 以下東京ヴェルディ)と『インクルーシブスポーツ推進パートナー』として、協定を締結したことをお知らせいたします。

■協定締結の背景

東京ヴェルディのホームタウンで開催している、パラスポーツ体験イベントに何度も当団体をご招待いただき、スポーツを通して社会福祉に貢献していきたいという共通の想いから、今回の協定が実現しました。

■今後の取り組み

”誰もが楽しめるスポーツプログラム”

今後は、誰もが楽しめる「インクルーシブスポーツ」に関わる様々なイベントにおいて、双方に所属する選手や指導者を派遣し、スポーツプログラムを提供していきます。

■協定締結イベント開催案内

5月4日(水・祝)ベガルタ仙台戦会場で開催するイベント『SDGs²スタジアム2022』にて、東京ヴェルディ株式会社との協定締結イベントを実施します。

協定締結セレモニー
・東京ヴェルディおよびChallenge Active Foundation代表者からのご挨拶
・協定締結記念品贈呈
・フォトセッション

▼詳細及び、取材の申し込みは下記のリンクをご確認ください。▼

5月4日(水・祝)仙台戦にてChallenge Active Foundationとの協定締結イベント開催のお知らせ

▼画像クリックで試合情報等ご確認いただけます▼

■東京ヴェルディ1969

1969年に創部された読売サッカークラブが前身となり、1991年にJリーグへ加盟したオリジナル10(Jリーグ発足時に加盟した10クラブ)のひとつ。
ホームスタジアムは味の素スタジアムで、クラブ名のヴェルディは、ポルトガル語の「Verde」(「緑」の意味)からの造語であり、1992年3月に発表された。エンブレムに描かれている鳥は始祖鳥。マスコットキャラクターはコンドルをモチーフにしたヴェルディくんと、始祖鳥をモチーフにしたリヴェルン。