代表メッセージ

誰もがチャレンジできる
社会をつくる

一般社団法人Challenge Active Foundationは、障がいや生活環境等の困難な状況にある人誰もに身体を動かすことの楽しさを伝えたいという想いから、オリンピアン、パラリンピアン、様々なスポーツの垣根を超えて、この想いに共感したメンバーで2019年12月に設立しました。

障がいや様々な理由でチャレンジができない人をなくしたい。
そして、誰もがチャレンジできる社会をつくりたい。

誰もが身体を楽しく動かすことができる社会を目指し、この活動を通して、多くの人が自信や勇気を持ち、前向きで活動的な生活を送ることができるよう、支援の輪を広げていきたいと思っています。

representative

Challenge Active Foundation
代表理事 木村潤平

<パラ競泳>
  • 2004:アテネパラリンピック6位入賞
  • 2008:アテネパラリンピック6位入賞
  • 2012:ロンドンパラリンピック決勝進出
<パラトライアスロン>
  • 2016:リオデジャネイロパラリンピック10位
  • 2015~2019:アジア選手権大会5連覇
  • 2020:ITU世界シリーズデボンポート大会銀メダル

JTUパラトライアスロン強化指定選手(社会福法人ひまわり福祉会所属)

JTUアスリート委員
関東身体障がい者水泳連盟理事

理事

鈴木桂治

  • 2004:アテネオリンピック金メダル 100kg超級
  • 2003:大阪世界柔道選手権大会 金メダル 無差別級
  • 2005:年カイロ世界柔道選手権大会 金メダル -100kg級
  • 2004, 2005, 2007, 2011:全日本柔道選手権大会優勝
  • 国士舘大学体育学部 准教授
  • 国士舘大学柔道部 総監督

谷川真理

  • 1991:東京国際女子マラソン優勝
  • 1992:ゴールドコーストマラソン優勝
  • 1994:パリマラソン優勝
  • 株式会社MariCompany代表取締役
  • 流通経済大学客員教授
  • NPO法人「AARJAPAN」理事
  • 公益財団法人ブルーシー&グリーンランド財団評議員
  • 公益財団法人東京都公園協会

小堀徹

  • 株式会社オリバー 理事
  • 阪和興業株式会社 特任理事
  • 株式会社テノックス 顧問
  • 株式会社 免制震ディバイス 顧問
  • Sports Local Act 株式会社 アドバイザー

村松邦子

  • 株式会社ウェルネス・システム研究所 代表取締役
  • 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) 参与
  • 一般社団法人経営倫理実践研究センター 上席研究員
  • NPO法人GEWEL(ジュエル) アドバイザー

竹内美奈子

  • 株式会社TM Future 代表取締役社長
  • メガネの田中チェーン株式会社 社外取締役
  • 株式会社滋賀銀行 社外取締役
  • 株式会社日本M&Aセンター 社外取締役
  • 一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟 理事
  • 公益財団法人日本バスケットボール協会 理事
  • 一般社団法人カルティベータ 理事

赤嶺健

  • Sports Local Act株式会社代表取締役

監事

宮本翔

  • 宮本経営公認会計士事務所 代表
  • 日本公認会計士協会東京会 青年部特別委員会委員長
  • 早稲田大学スポーツビジネス研究所 招聘研究員

団体概要

  • 団体名一般社団法人Challenge Active Foundation
  • 所在地東京都板橋区小豆沢1丁目12番6号
  • 設立年月日2019年12月
  • メールアドレスinfo@challenge-active.com
  • 代表理事木村 潤平
  • 事業内容
    1. スポーツ及び健康増進を支援する事業
    2. スポーツ及び健康増進に関するプログラム等の企画・運営事業
    3. スポーツ及び健康増進に関する大会等の企画・運営事業
    4. スポーツ及び健康増進に関する各種教材の企画・制作・執筆・出版・販売事業
    5. スポーツ及び健康増進に関する情報・関連コンテンツの提供事業
    6. スポーツ及び健康増進に関する指導者の育成事業
    7. スポーツ及び健康増進に関するコンサルティング事業
  • 団体ロゴ jumbotron-message障がい者、健常者関係なく参加でき、楽しめる場という意味を込めて、1本のラインからCAFの3文字を表現。
    また障がいの有無に限らず、年齢・性別・体格などいろんな人がいるイメージから、円・三角・四角という図形を象徴的に使い制作した。